関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状 » 化膿性関節炎

化膿性関節炎

中高年の方がかかりやすい膝の痛みの病気のうち、化膿性関節炎についての情報をまとめています。

化膿性関節炎の原因と症状

化膿性関節炎とは、細菌などが関節に入り込んでしまうことで関節内が化膿し、炎症することで痛みを生じる病気のこと。

症状は膝などの関節が痛む以外に、腫れたり、発熱・熱感、悪寒、食欲不振などの症状をともなうこともあります。

はじめはただ化膿した関節だけが痛むだけですが、そのままにしておくと関節の表面の軟骨、やがては骨まで破壊される怖い病気です。

発見や治療が遅れると最悪の場合、関節の障害が残る可能性もあるので早期治療が求められます。

原因については、前述のとおり関節内が細菌に侵されることです。

炎症を引き起こす原因となる細菌は、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌、肺炎球菌、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌などがありますが、なかでも黄色ブドウ球菌がもっとも多いといわれています。

細菌の侵入経路は、おもに次の3つ。

1つは、骨髄炎が関節近くで起こった場合、そこから侵入してくる経路。

1つは、からだのなかのほかの部位にあった感染巣からから、血液の循環にのって膝などの関節に達する経路。

そしてもう1つは、裂傷などの外傷で直に関節内に細菌が侵入する経路です。

また、糖尿病・血液透析などの治療中で、細菌による感染への抵抗力が低下している人は、化膿性関節炎にかかりやすくなっているため、より注意が必要でしょう。

化膿性関節炎の治療

化膿性関節炎の疑いがあれば、一刻も早く医師の診察を受けることが先決。

診断の結果、化膿性関節炎であれば点滴などで抗生物質の投与を受けます。

膿がたまっているようであれば注射器で吸引しますが、それらの処置でも改善がみられない場合は手術で膿を洗い出すとともに、炎症で侵された部分を除去することになります。

病気が進行して症状が悪化していると、手術も大がかりなり、術後のリハビリにも時間を要することになるので、「たかが膝の痛み・関節の痛み」と放置しないようにしてください。

すぐにはじめられる膝の痛みをやわらげるオススメの方法とは>>

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧