関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状 » 滑液包炎

滑液包炎

正座などが原因で発症する滑液包炎。膝の痛みや他の症状、治療法などを解説します。

滑液包炎とは

滑液包炎とは、関節にある滑液包という組織の炎症が原因で、痛みや違和感が生じる病気です。

滑液包とは、関節への衝撃を吸収する役割を持つ平らな袋のような組織。滑液包があるおかげで、私たちは関節に余分な負担を与えることなく、円滑な動きを得ることができます。

しかし、何らかの原因でこの滑液包に炎症が起こると、関節は痛みを発症して、思うように動かなくなります。

初期症状は、関節の痛みや患部を動かしにくいといったもの。

悪化すると炎症部分が赤く腫れあがり、患部を触るだけでも痛みを覚えます。なお一度発症すると、その後も繰り返し発症する病気であると言われています。

主な原因は、膝関節への過度な負担です。

またリウマチやブドウ球菌感染などといった、別の病気が原因となる場合もあります。まれに原因不明で発症することも。

滑液包炎の治療法

基本的には、安静にして痛みが引くのを待ちます。同時に、患部を固定して動かさないようにし、サポーターなどで外からの衝撃が加わらないようにします。

また、痛み止めの服用による対処療法や、抗炎症薬による炎症の鎮静が並行して行われます。

なお、痛みが激しいからといって横になってばかりいると、今度は足の筋肉が弱ってしまい、さらに症状を悪化させるケースも。

滑液包炎は肩やヒジなど、関節ならどこにでも発症の可能性がある病気です。膝関節は特に、発症すると痛みで日常生活に支障をきたすこともあるので、早急な治療が望まれます。

「正座」が原因となることも多い

日本人に特徴的な滑液包炎の原因として、「正座」が挙げられます。

正座は、日本文化としては大切に守るべきものですが、一方で医学的に見れば、膝に不自然な負荷を与え続ける姿勢であることは否定できません。

なので、長時間にわたる正座は避けたいところ。しかし、伝統的に正座が義務付けられているような場所では、なかなか崩せないですよね。

最近では、見た目は正座のように見える、負担を軽減する小さなイスなども販売されています。これは、お寺などでも広く導入されているとか。毎日正座をする方は、ぜひチェックしてみてください。

すぐにはじめられる膝の痛みをやわらげるオススメの方法とは>>

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧