関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状 » 偽痛風

偽痛風

よくみられる中高年に多い膝の痛みのひとつである、偽痛風について原因などをまとめています。

偽痛風の原因と症状

軟骨石灰化症ともいわれる偽痛風(ぎつうふう)とは、その名のとおり、痛風のような症状を発しながらも痛風ではない病気のことです。

痛風は尿酸値が上昇することで尿酸ナトリウム結晶の塊ができ、おもに足の親指の付け根などに激しい痛みをともなう病気ですが、偽痛風は関節液中にピロリン酸カルシウム結晶が沈殿することで痛みを発症します。

ピロリン酸カルシウム結晶ができる原因としてあげられるのが、軟骨変性

軟骨が変性して関節破壊されることで関節腔内へ落ちた軟骨内の結晶を、白血球などが掃除しようとします。同時に、細胞から放出される化学物質の影響で炎症が悪化し、強い痛みを感じるようになるのです。

このように原因は異なっても、発症するしくみは白血球が尿酸ナトリウム結晶を除去しようとすることで激しい炎症・発作を起こす痛風と、ほぼ同じといっていいでしょう。

発症する年齢については、痛風が40代以降の中年層が多いのに対し、偽痛風は60代~80代の高齢層に多いという特徴もあります。

また、発症する男女差についても、痛風はほとんど罹病(りびょう)するのは男性ですが、偽痛風には男女差があまりないといった違いがあるため、女性でも油断できません

発症する箇所も、痛風はほぼ足の親指の付け根付近(おもに左足が多い)ですが、膝や手首・足首など大きな関節に起こりやすいといった特徴も。

痛みは痛風よりも軽度ですが、その痛みは数日続きます。

偽痛風の治療法

偽痛風を発症してしまっても、すぐに完治させる治療法はいまのところありません

現在はおもに、ステロイド剤や非ステロイド系抗炎症剤で炎症をコントロールしながら、症状を抑えていく方法がとられています。

急性発作を抑え、次の発作を予防することはできますが、膝への負担が大きく、あまりそのような処置をされることはないようです。

偽痛風に慢性的にみまわれるようであれば、非ステロイド性抗炎症薬の内服や関節内への注射などの処置をすることもありますので、膝や体への負担について医師と相談するようにしましょう。

すぐにはじめられる膝の痛みをやわらげるオススメの方法とは>>

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧