関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状 » 関節水腫

関節水腫

膝の痛みの原因となる関節水腫について解説します。

関節水腫の原因と症状

関節水腫とは「膝に水がたまる」こと。詳しく言うと、関節の中の滑液(かつえき)という液体が、何らかの原因で増えてしまう病気です。

滑液は普段、膝関節を全体的に守る役割をしています。滑膜というところで作られ、常に新しい滑液が一定量を保っているのが正常な姿です。

ところが滑膜に炎症が起こってしまうと、その刺激が引き金となって、滑液が余分に生産されます。これが、いわゆる「膝に水がたまる」という状態です。

膝に水がたまってしまうと、水の体積が増えた分だけ、膝の内部は圧迫されます。この圧迫が原因となって、滑膜はさらに炎症を悪化し、滑液がまた余分に生産されるという悪循環に陥ります。そして、たまった水が限度を超え、痛みなどを発症するのです。

日常生活では特に、階段を上るなど、膝に負担を与えたときに、激しい痛みが走ることがあります。

また痛みのほか、膝が腫れるなどの症状も見られるようです。腫れの度合いは、滑液のたまった分量に比例するので、水が溜まれば溜まるほど腫れもひどくなります。大きく腫れあがって、もはや膝の原型を残さない姿になることも。

このようになると、水の圧迫で膝を曲げることもままならなくなり、歩くことも困難となっていきます。

滑膜が炎症する原因

関節水腫を引き起こしてしまう、骨膜の炎症の原因は、膝関節の中に残っている軟骨や骨のカケラです。これらが膝関節の中のそこかしこに散らばり、滑膜に触れて、炎症を起こします。

軟骨や骨が欠けてしまう要因の例としては、加齢にともなう膝関節への負荷の蓄積や外傷、変形性膝関節症、関節リウマチなど多くの理由が上がられます。

関節水腫の治療法

たまった水を外に出して、同時に滑膜の炎症を抑えます。

注射を膝に刺して水を抜き取る施術が一般的です。この段階で症状はいったん治まることもありますが、滑膜の炎症は続いています。

炎症を抑える薬として、非ステロイド系の抗炎症剤などが処方されることも。まれに状態が酷い場合は、手術が行われる場合もあります。

すぐにはじめられる膝の痛みをやわらげるオススメの方法とは>>

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧