関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状 » 膝蓋骨不安定症

膝蓋骨不安定症

膝の痛みの原因の一つである膝蓋骨不安定症について、原因や症状、治療法などを解説します。

膝蓋骨不安定症の原因と症状

あまり聞き馴染みのない言葉ですが、膝蓋骨不安定症とは、膝の皿が脱臼しやすくなる不安定な症状のことです。
脱臼した際には激しい痛みが生じますが、脱臼していない状態でも痛みを感じることがあります。

原因は先天性の骨の変形と、加齢による膝への負担です。
先天的に膝が外側を向いている人は(いわゆるガニマタの人)、体重による膝への負担が蓄積してくると、膝蓋骨不安定症を発症することがあります。
また、膝が正常な位置にある人でも、加齢による膝への負担が蓄積して発症する場合もあります。

初期症状は、膝の皿が不安定な感じがする、といった程度。皿が動いているような感違和感があります。
ただ、この段階では、膝に痛みを感じることはあまりありません。

症状が進むと、痛みが生じてきます。
この段階では、皿が本来の位置から大きくズレていることもあります。

重症化すると、日常生活の動作だけでも、皿が脱臼してしまうことがあります
脱臼は、かなりの激痛です。一度脱臼すると脱臼癖がついてしまうので、根本的な治療が必要になります。

膝蓋骨不安定症の治療法

治療方法には、保存療法を中心に4つあります。

1、サポーターなどによる固定
2、脚の筋力トレーニング
3、運動制限
4、手術

通常は、1~3の保存療法を同時進行で行います。

筋力トレーニングと運動制限は、矛盾しているようにも見えますが、具体的には、膝に負担をかけない方法で足の筋肉を鍛える、といったものです。
軽いウォーキングや、椅子に座った状態での脚の曲げ伸ばしなどです。

早期に病名が確定すれば、1~3の方法で症状の改善も見込まれます。
しかし、くり返し脱臼をして、軟骨や骨自体に変形が起こってしまっている場合には、手術をしなければ治りません

手術は、皿を正しい位置に戻してネジで固定したり、靭帯の再建を行ったりするものです。
なお、手術をして治療が終わり、というわけではありません。
歩けるようになるまでのリハビリをもって治療が終了します。リハビリには2~3週間程度の入院が必要です。

すぐにはじめられる膝の痛みをやわらげるオススメの方法とは>>

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧