関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状 » 骨軟骨腫

骨軟骨腫

膝の痛みの原因となる骨軟骨腫について、症状や治療法などを詳しく解説します。

骨軟骨腫の原因や症状

骨軟骨種とは、骨にできる良性腫瘍のことです。

骨の両端は、軟骨というゴムのようなものでコーティングされています。この軟骨に反応して、骨は伸び成長していきます。

ところが骨軟骨腫の場合、あらぬところに軟骨が表れます。すると骨はその軟骨にも反応してしまい、部分的に成長してしまうのです。これが腫瘍となってしまいます。

良性なので、とくに問題はないのですが、まれに悪性に変わることもあるので観察は必要です。

また骨軟骨種には、1箇所だけにできる「単発性」と、多くの箇所にできる「多発性」の2種類があります。「多発性」の骨軟骨腫は「単発性」にくらべて、悪性化する確率が高いと言われます。

しかし骨の腫瘍と言っても、皮膚などと違ってどのようなものかイメージがつきにくいでしょう。

たとえば、皮膚の腫瘍だったら、皮膚が盛り上がって「おでき」ができますよね。これと同じように、骨の腫瘍も骨が盛り上がってくるのです。本来ならば骨が出ないところから骨が出てくる、といった状態です。

症状としては、主に痛みや腫れ、コブ、関節の動きにくさ、骨の変形など。発症部位として多いのは、膝、上腕骨、肩甲骨などです。

腫瘍のできる原因は不明ですが、「多発性」の骨軟骨腫の場合は、家族・親族に同じ症状を持つ例を見る場合もあり、遺伝的な要因も指摘されています。

骨軟骨腫の治療法

生活に支障もなく、悪性化もしていなければ治療はとくに必要ありません。

不要な場所に軟骨があるからといって、そこへと永遠に骨が伸び続けるわけでもありません。適度な年齢において身長が止まるのと同様、適度な年齢で骨軟骨腫の成長も止まります。

生活に支障があるほど大きく成長してしまった場合と、良性から悪性化した場合は、手術で切除します。

また腫瘍を覆っている軟骨を完全に取り払わないと、再発する恐れがあります。

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧