関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状 » 膝蓋大腿関節症

膝蓋大腿関節症

辛い関節痛や膝の痛みの原因の一つ、膝蓋大腿関節症について、原因や症状、予防法などを解説します。

もしかしたら膝の痛みの原因?膝蓋大腿関節症の原因と症状

膝蓋大腿関節症とは、大腿骨と皿をつないでいる関節における炎症のことです。
痛みは、皿の周辺に起こります。皿の上下左右、どこにでも生じます。

原因は、皿の外側へのズレです。
皿がズレることによって、軟骨がすり減ったり、骨が変形したりして炎症が生じ、痛みとなります。

皿がズレてしまう理由は、2つあります。

1つ目は、加齢などによる膝への負担の蓄積。2つ目は、皿の脱臼です
とくに膝に負担をかけすぎる日常を送っていない人でも、ある程度の年齢になると、膝には積年の疲れが蓄積しています。
この蓄積が原因で、皿がズレて膝蓋大腿関節症を発症しまうのです。
もちろん、膝への負担の多い日常を送ってきた人は、さらに発症の可能性が高まります。

また、皿が脱臼して外側にズレることがありますが、これも同じように、膝蓋大腿関節症の原因となりえるでしょう。

膝蓋大腿関節症は、初期段階では、多少の痛みを感じる程度です。
安静にしていれば、痛みはほどなくひきます。
症状が進行すると、やがて痛みは強くなり、最悪の場合は安静にしていても、耐えられないような激痛がともないます。

膝蓋大腿関節症の治療法

治療法は、基本的に保存療法です。
具体的には、患部を温める温熱療法と、患部にシップを貼付するなどの薬物療法です
保存療法による改善が見込めないほど症状が悪化している場合には、手術が行われます。
具体的には、変形した骨や組織の切除などです。
切除した場合、必要に応じて、人工骨を移植する手術も行います

また、膝蓋大腿関節症は、予防ができる病気です。
発症の経験の有無にかかわらず、予防法として脚の筋肉を鍛えておくことが重要です。

具体的には、大腿四頭筋を鍛えます。
太ももの前面にある、大きな筋肉組織ですね。
この筋肉を鍛えることにより、皿への負担が軽減されて、膝蓋大腿関節症の発症を予防する効果が期待できます

すぐにはじめられる膝の痛みをやわらげるオススメの方法とは>>

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧