関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状 » 膝蓋軟骨軟化症

膝蓋軟骨軟化症

膝の痛みをともなう疾患のうち、膝蓋軟骨軟化症の原因や症状などを紹介します。

膝蓋軟骨軟化症の原因と症状

膝蓋軟骨軟化症は、膝蓋骨(しつがいこつ)の関節軟骨の一部が軟化したり、膨れ上がったりするほか、亀裂などを引きおこしてしまう病気です。

力学的に異常をきたすことが原因で発症すると考えられています。

スポーツをする人や10代前半の女性に発症することもが多いほか、膝蓋大腿関節に形態異常がある場合、膝蓋骨亜脱臼をともなうケースでも膝蓋軟骨軟化症となりやすいようです。

症状は片側の膝蓋骨の前面部に痛みを感じるようになりますが、罹患初期には膝蓋骨の違和感や膝蓋骨が引っかかる感じがする程度で、痛みをあまり感じないことも。

しかし、その場合も運動をするときや階段などを昇り降りするときなどに、徐々に膝蓋骨の周辺に痛みを覚えるようになります。

また、片側の膝だけではなく、両側の膝に痛みを感じるケースもあるので、「痛むのは両膝だから膝蓋軟骨軟化症じゃない」と決めつけないようにしてください。

そのほかの症状の特徴としては、次のようなものがあります。

  • スポーツや運動などをすると、膝蓋骨のまわりに痛みが出る
  • 膝蓋骨の内側を押すと痛む
  • 大腿骨に膝蓋骨を押し当てながら膝屈伸すると、ザラザラし感触を覚える
  • 痛みを感じる側の片足を立てて膝屈伸をさせると、クリッとした轢音とともに疼痛を感じる

もし、これらの症状すべてに当てはまれば、まず膝蓋軟骨軟化症と疑って間違いはないでしょう。

膝蓋軟骨軟化症を治癒するには

膝蓋軟骨軟化症の回復には、保存治療で処置することになります。

日常生活や運動時に影響のないようであれば、とくに安静や運動制限は必要ありません。

通常はサポーターの着用や消炎鎮痛薬の使用、ハムストリング、股関節周囲、四頭筋、縫工筋などのストレッチで治療を進めていきます。

どうしても痛みが強かったり違和感があったりして日常生活にも影響するときは、外側解離術で関節包を切開したり脛骨粗面前進術で脛骨粗面を浮上させたり、膝蓋骨の亜脱臼の補正手術などで回復を目指します。

すぐにはじめられる膝の痛みをやわらげるオススメの方法とは>>

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧