関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状 » 滑膜骨軟骨腫症

滑膜骨軟骨腫症

ここでは、滑膜骨軟骨腫症の症状や原因、治療法などを解説しています。

滑膜骨軟骨腫症の原因と症状

滑膜骨軟骨腫症とは、関節の中の滑膜という部分にコブ(腫瘍)がたくさんできてしまい、それが骨のように固くなり(骨化)、やがて滑膜からはがれ落ちてしまう、といった病気です。

関節の痛みや違和感など、あらゆる症状を引き起こします。典型的な症状は、突然、膝に激しい痛みが走るなど。

この激痛は、「関節ネズミ」と呼ばれる骨化して滑膜からはがれ落ちた物体が、関節のすき間に入り込むことで起きるもの。激しい痛みまでは感じなくても、膝のどこかに、何かが挟まっているような違和感を持つ人もいます。

その他、関節水腫(膝に水がたまる)を併発する例もあるようです。

原因は不明ですが、骨膜の細胞が遺伝的な理由で、突然変異を起こしているのではないか、という説もあります。

滑膜骨軟骨腫症になると、関節ネズミがたくさんできてしまいます。

関節ネズミが膝関節のすき間に入り込んでしまって、激痛を引き起こすだけでなく、すき間に入った関節ネズミが邪魔で、関節が動かなくなったりすることも(ロッキング現象)。

関節ネズミが上手く関節のすき間から出てくれば、突然痛みはなくなり、ロッキング現象も治まります。

しかし、関節ネズミが一度すき間から出たとしても、ふとしたきっかけで、またすき間に入り込んでしまうケースは多々あるそうです。

滑膜骨軟骨腫症が再発する病気と言われるゆえんですが、この再発を繰り返しているうちに、膝関節は徐々に変形してきて、別の病気を合併することがあります。

なお、骨化して関節ネズミになる前のコブ(腫瘍)は良性です。

滑膜骨軟骨腫症の治療法

切開して関節ネズミを取り除きます。骨膜などに炎症が生じていた場合には、手術の際に、あわせて切除することも。

滑膜骨軟骨腫症では、とても多くの関節ネズミが存在しているため、内視鏡ですべてを取り除くことはできません。なので、大き目に膝を切開する方法となります。

膝から関節ネズミをすべて駆除してしまえば、あとは元通りの膝に戻ります。

すぐにはじめられる膝の痛みをやわらげるオススメの方法とは>>

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧