関節からのSOS!膝の痛みの原因と対策ガイド
原因と対策を知って、つらい膝の痛みにサヨナラ
ひと目でわかる!売れ筋サプリの価格早見表
膝の痛みにはたらく主役級の栄養成分
もはや常識!? 食事からはじめる膝の痛み改善法
あなたの膝の痛みに朗報!人気の特集記事一覧
HOME » 若くても起こる膝の痛みの原因と症状 » 離断性骨軟骨炎

離断性骨軟骨炎

ここでは、膝の痛みの原因のひとつである、離断性骨軟骨炎について解説します。

離断性骨軟骨炎の原因と症状

離断性骨軟骨炎とは、壊死した軟骨が骨と一緒に剥がれることで生じる炎症です。剥がれた骨が膝関節のすき間に入り込むと、いわゆる関節ねずみを生じ、激痛が走ります。

膝関節は、太ももの大腿骨、すねの脛骨、そして「お皿」とも呼ばれる膝蓋骨が集まった、身体の中で最も大きな関節です。それぞれの骨がぶつかって壊れることがないよう、骨同士が接触する部分は柔らかい軟骨で覆われています。
この軟骨が骨から剥がれてしまうことを剥離骨折(はくりこっせつ)と言いますが、軟骨と一緒に骨の一部が剥がれてしまうと、離断性骨軟骨炎を生じます。

剥がれてしまった骨の欠片は、膝の中を漂います。この欠片が膝の骨と骨の間に入りこんでしまうと、激痛を生じ、膝を自由に伸縮することができなくなります。
この欠片のことを関節ねずみと言い、骨の間に入り込んで膝が動かなくなることをロッキング現象と言います。

離断性骨軟骨炎は、主にスポーツをやっている10代の男子に発症します。特に、走ったり飛び跳ねたりといった動きによって継続的に膝関節へ負担を与えるスポーツにおいて見られます。

ちなみに、離断性骨軟骨炎は、野球など腕を動かすスポーツによってひじに生じることもあり、これは「野球ひじ」と呼ばれます。同様に「テニスひじ」、「ゴルフひじ」などがあり、特に「ゴルフひじ」は大人の発症が多いというのが特徴です。

離断性骨軟骨炎の治療法

症状が軽度であれば、基本的には保存療法です。患部をサポーターなどで固定し安静にすることで、大抵の場合は自然に治癒します。

関節ねずみが見られ、ロッキング現象も生じているという場合には、手術が必要です。骨の隙間に入り込んでしまった骨は、自然に消えていくことはありません。放置していれば、徐々に大きくなることもあります。そのため、手術で骨の欠片を摘出するしか方法はないのです。
関節鏡視下手術と呼ばれる光ファイバーを使った方法で欠片を取り出すのが一般的です。特に難しい手術ではないため、早ければ1時間程度で終わります。
欠片さえ取り除いてしまえば痛みは消え、元通りに運動することが可能です。

予防法としては、同じ関節に負担を与え続けないこと。同時に、関節周辺の筋肉をしっかり鍛えておくことも効果的です。

膝の痛みにおすすめのグルコサミンサプリメント3選
国産グルコサミン

やわた国産グルコサミンの画像
画像をクリック
グルコサミン&
コンドロイチン

サントリー グルコサミン&コンドロイチンの画像
画像をクリック
グルコサミン+
コンドロイチン

世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチンの画像
画像をクリック
2,160円(税込)
最安
※初回購入は半額の1,080円
4,680円(税込) 4,104円(税込)
 

中高年の方に多い膝の痛みの原因と症状

若くても起こる膝の痛みの原因と症状

膝の痛みを和らげる方法

膝の痛みにおすすめのサプリメント成分

グルコサミン配合サプリ一覧